Home > (株式会社) 出資金の払い込み

出資金の払い込み

定款を作成し、公証人の認証が完了したら、次に出資金の払い込みを行います。
出資金を払い込む方法は、

  1. 「金銭による払い込み」
  2. 「現物出資による給付」

の2通りがあります。

トップに戻る


金銭による払い込み

金銭による出資金の払い込みは、銀行等の払込取扱機関に振込します

通帳に資本金分の金額がある場合でも、自分が引き受けた金額を振り込む必要があります。発起人が複数いるときは、代表となる発起人を決め、その人の口座に発起人各自が引き受け金額の振込を行います。それぞれの発起人のお名前が通帳に表示されるようにします。


◇払い込みがあったことを証する書面

次に、「払い込みがあったことを証する書面」を作成します。
  • 「当会社の設立時発行株式については以下のとおり、全額の払い込みを受けたことを証明します」という文言
  • 設立時発行株式数
  • 払い込みを受けた金額
  • 日付
  • 商号
  • 代表者の記名・押印
上記の項目記載したものが、「払い込みがあったことを証する書面」となります。

◇取引明細表または通帳の写し

上記の「払い込みがあったことを証する書面」と以下のいずれかをセットにします。
  • 取引明細表その他払込取扱機関が作成した書面
  • 払込取扱機関名、店名、口座番号および口座名義人が記載されているページと払い込みに関する記載があるページのコピー
「払い込みがあったことを証する書面」と「取引明細表または通帳のコピー」をホッチキスで綴じ、各ページのつなぎ目には、会社代表印で契印します。

トップに戻る


現物出資による給付

現物出資をするには、定款に「現物出資に関する規定」を記載しておかなければなりません。実際に現物出資の給付を行うには、裁判所の選任した検査役の調査を受けなければなりません。

ただし、現物出資する財産価格の総額が500万円を超えない場合は、裁判所の選任した検査役の調査は不要です。


◇現物出資に関する規定

現物出資を行う場合は「現物出資に関する規定」として以下の項目を定款に記載します。
  1. 現物出資をする者の氏名又は名称
  2. 現物出資をする財産
  3. 現物出資をする財産の価格
  4. 現物出資をする財産に対して割り当てる株式の種類および数
これらの項目を通常は定款に記載しますが、現物出資をする財産の数が多い場合は「定款別表」に記載します。

トップに戻る

次は「役員の選任」です。