Home > (合同会社) 役員の選任

代表社員の決定

合同会社の代表社員を定めることは任意ですが、定款の定めによる社員の互選により業務執行社員の中から代表社員を定める場合は、「代表社員決定書」を作成します。

ただし定款に代表社員の氏名を具体的に記載している場合は、「代表社員決定書」の作成は不要です。


トップに戻る


就任承諾書の作成

代表社員を定めた場合は、代表社員が就任を承諾したことを証する書面として「就任承諾書」を作成します。

トップに戻る


職務執行者の選任に関する書面

合同会社を代表する社員が法人であるときは、個人を「職務執行者」として選任しなければなりません。職務執行者を選任したときは、当該法人において「職務執行者を選任したことを証する書面」および職務執行者の「就任承諾書」を作成します。

トップに戻る


資本金の額の計上に関する証明書

新会社法から、会社設立登記申請にあたり、「資本金の額の計上に関する証明書」を作成・添付する必要があります。
「資本金の額の計上に関する証明書」は、払い込みを受けた金額のうち、設立費用などを控除して、いくらを資本金として計上するかを表した書面です。また、資本準備金を計上する場合には、いくら資本準備金としたのかも明示します。

トップに戻る


次は「登記申請書類の作成」です。